Home > ぐり通信バックナンバー | 手づくり食体験談 > 犬の行動に問題がある=手作り食にしている子が多い????【ぐり通信】

犬の手作り食についての正しい知識を学んで、愛犬の健康づくりをサポート!
犬にキャベツはOK?牛乳はNG?

●こんな疑問をお持ちの方、不安を感じておられる方へ●
「キャベツを与えすぎると、犬の甲状腺が腫れる?」
「犬に生卵の白身を与えてはいけないの?」
「犬に牛乳は良くないっていうのは本当?」
「犬にブドウを与えると腎臓障害を起こすというのは本当?」

ペット食育講座の講師を務めるインストラクター・諸橋直子が上記の疑問を分かりやすく解説しています。不安のお持ちの飼い主さんのお役にたてれば幸いです。

*期間限定で今だけもらえる特別プレゼント付「犬の基礎栄養学テキスト」(PDFファイル形式。PCのみ対応。携帯には対応しておりませんのでご了承ください)ですので、ぜひお早目にご購読ください。

●8日間無料メールセミナーのご購読はこちらから●
メールアドレス(必須)
姓(漢字)(必須)
名(漢字)(必須)
都道府県(必須)

*ご登録直後に、自動返信メールをお届けしています。 5分以上経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられている場合がございますので、お手数ですがご確認ください。 また、メールアドレスの入力間違いにご注意ください。

*お名前は本名を漢字で、正確にご記入ください。ニックネームやひらがなのみ、ローマ字のみでのご入力や、「あ」「a」などのいい加減なお名前でご入力いただいた場合は、いたずらとみなし、ご登録後、当方にて配信を停止させていただきますので予めご了承ください。また、今後Office Guriからの情報、メルマガ、テキスト等は一切ご提供できませんのでご注意ください。 このメールセミナーの受講者様へは、Office Guriのメルマガ「ぐり通信」にも併せて登録させていただきます。ご了承くださいませ。

*普段お使いのPCメールアドレスでご登録ください。携帯メールには対応しておりませんので予めご了承くださいませ。 携帯メールでご登録いただいた場合、機種によって受信いただける文字数に制限がございます。また、メルマガ内で配布するテキスト(PDFファイル)は一部の機種を除き、携帯での閲覧はできませんのでご理解の上ご登録くださいますよう、お願いいたします。

犬の行動に問題がある=手作り食にしている子が多い????【ぐり通信】

ランキング参加中です♪
(↓)応援クリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

2010年の目標:
50名の方に「ペット食育入門講座」を体験していただきます♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

*このメルマガ「ぐり通信」は○○さんのわんちゃんの
 健康づくりに役立つ情報を配信しています。

*必要に応じて、Office Guriの製品やセミナーなども
 ご紹介させていただきますので、その場合はぜひ
 ○○さんご自身の確かな目でご判断ください。

*このメルマガはOffice Guriの無料テキスト等を
 お申し込みの方、商品をご購入頂いた方で
 メルマガのご購読に同意いただいた方にお送りしています。
 万一、このメルマガがご不要の場合は
 巻末URLより1クリックで解除いただけます。
(再登録は受け付けておりません。ご了承ください)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○○さん、こんにちは^^
Office GuriのNaokoこと諸橋直子です。

さて、今日のメルマガタイトル…ドキッとされました?

実は先日、ちょっと気になるメールをいただいたので
このメルマガで○○さんとシェアしようと思い
メールさせていただいた次第です。

世の中には犬のしつけや手づくり食について
様々な情報があふれています。

そんな中、まったく正反対の対立する考え方を目にして

「どっちが正しいのだろう??」

と迷ってしまうような場面、○○さんは経験されたことは
ないでしょうか?

また、かかりつけの獣医さんに

「手づくり食なんてダメ!!」

と頭ごなしに否定されてしまい、
落ち込んでしまう飼い主さんも実は少なくありません。

自分自身は毎日犬の様子を見ながら
これがベストだって思えることをやっている…。

でも、そうした考えのもとでやっていることを
専門家の人に否定されてしまった…。

でも、でも、その専門家の言うことが100%正しいとは
どーうしても思えない!
納得がいかない!

ああ…でもやっぱり不安だなあ。
こういうとき、どうしたらいいんだろう(><)

今日は、こういうスパイラルに陥ってしまった時のために役立つ
考え方の処方箋をお話しようとおもいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■行動に問題がある=手作り食にしている子が多い????

 そんなことってあるの!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて、今回私がこのテーマを取り上げようと思った
きっかけとなったメールをご紹介します。

わんさんからいただきました。

——————————————————-

諸橋さん、こんにちは。

実は、先日旅行先で愛犬のピーターが興奮して
夫を噛んでしまいました。
そのときに夫とピーターが軽くケガしたので動物病院へ行きました。
ケガは大丈夫なんですが、そこのお医者さんに

「このままではいけないからそろそろ行動学の治療した方がいいよ」

とオススメされました。

ピーターはあの通り、ヒトや犬にワンワンしちゃうしピンポンにも反応します。
2年前に足の手術をしてから病院がキライになったみたいでちょっと大変です(汗)

そのお医者さんの言うこと
(例えば甘やかしていないかー?とか)に納得する部分はかなり多く
反省しなくてはいけないと思い真剣に聞いていました。

しかし行動に問題のあるワンちゃんは
手作り食にしている子が多いと言われてしまいました。

私は食事の部分だけはどうしても納得がいきません。

手作り食はフードと違って美味しし、
美味しくないフードを我慢して食べる必要がないので
我慢できない子になりやすいというようなニュアンスのことを言われました。
(あまりハッキリとは言わず、ただ手作り食を否定する感じです)

お肉や野菜の量もはかっていないならなおさらとのこと。

私はピーターにフードだけを食べさせていたこともあります。
フードは否定しないしいい部分もあるけど、
私は新鮮だし手作り食にして改善した部分があってすごく気に入ってます。

はからないで作っていてもピーターの健康に問題はないです。
血液検査の結果もよかったです。

いろんな人の考えがあると思いますが、
『行動に問題がある=手作り食にしている子が多い』
なんてお話聞いたことありますか?

フードに戻すことに抵抗があって悩んでいました。

長くなってしまいすいませんでした。

——————————————————-

わんさん、ありがとうございます。
メルマガ上での返信で失礼いたします。

「行動に問題がある=手作り食にしている子が多い」

と言い切るだけの根拠が
その獣医師からまったく提示されていないのが気になりますね。

気になったので、調べてみました(笑)
私もそんなお話を聞くのは初めてでしたので。

ちなみにプロの獣医師がそう言い切るなら、
少なくとも数十~数百頭の犬に
どういう内容の手づくり食を、どのくらいの期間与えて
その全体の何%の犬に明らかな攻撃性が現れたのか?というデータが
存在するのでは?

と思って調べてみたのですが
私の調べた範囲では、そうしたデータは見つかりませんでした。

摂取するたんぱく質の量と攻撃性の関係を研究している
グループもあるそうですが、

「行動に問題がある=手作り食にしている子が多い」

という結論に結び付けるのは
現時点では、証拠がそろわないため
少々乱暴な気がします。

何より、手作り食にそんなに行動に影響するような要因があるのであれば
何人もの獣医師が手作り食の書籍を執筆したり
その書籍が何万部も売れたり、というようなこと自体
ありえないのではないでしょうか?

>美味しくないフードを我慢して食べる必要がないので
>我慢できない子になりやすいというようなニュアンスのことを言われました。

そもそも、美味しくないものを我慢して無理やり食べなくてはいけない
理由がわかりません(笑)

例えば…。

ダイエットだからといって
本当は美味しいラーメンが食べたいのに
まずいコンニャクラーメンを食べて我慢して
ものすごくイライラした経験のある私には
美味しくないものを無理に食べさせられる事の方が
ストレスになって、イライラに直結しそうな気がします(泣)

もし我慢ということを教えるなら
マテ、スワレ、などの基本的なしつけの部分で
十分教えることができると思います。

ちなみに、本当にフードが嫌いな子っています。

我が家の場合は、フード、手づくり、どちらも小躍りして
喜んで食べますが(笑)

「フードが嫌いで、フードを出すとケージに逃げて行き
 涙目になって抵抗する」

と言う子もいますし
だったら、フードが好きでない子は
体がその食べ物を欲していないということでもあるで
その子が美味しく食べられる別なものをあげることは
選択の幅が広がって、その子にとってはハッピーなことです。

ピーター君が、フードから手づくり食に変えて
明らかに攻撃性が強くなった!!というのなら話は別ですが
血液検査でも問題なしということであれば
あとは、しつけのプロに相談してみるのが
ベストだと思います。

ちなみに、昨日我が家のぐりが狂犬病予防接種でお世話になった獣医さんは
大型犬2頭と暮らしていますが
フードと手づくり食を半々くらいであげているそうです。

「他の病院で手作り食を否定されて、
 落ち込んでウチを受診される飼い主さんも実は多いんです。

 私の場合は、フードだけっていうのが
 個人的にはちょっと不自然な気がして
 適当に野菜とか混ぜているだけなんですけれどね~」

と、おおらかにおっしゃっていました。

ちなみにぐりは、かれこれ4年ほど手づくり食ですが
攻撃性とはほど遠い犬として暮らしています(笑)

誰にでも尻尾を振り、ウェルカムです。
番犬にもなりゃしない!(爆)

そして手作り食について、何か不安なことがあったら

「××は○○だと言われているけれど本当だろうか?」
「それを裏付けるようなデータはあるかな?」

と調べてみるといいです。

このメルマガでも、過去に「ネギ類はなぜ犬にいけないのか?」という
テーマを取り上げて詳しく解説してきましたが

「ネギ類は犬に行けないと言われる理由」

を知ることで、不安を取り除くことができます。

↓     ↓

■メルマガバックナンバー:犬とNG食材~犬とネギ類
http://officeguri.xsrv.jp/pchan/public/l.php?0001&0&41m1

理由を知るって、大事なんですよ。

本日は以上です*

(終)

twitterへRTする

ランキング参加中です♪
(↓)応援クリックお願いします!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
にほんブログ村

ぐり通信、ご購読はこちら
犬の手作り食やマッサージなど、犬の健康をサポートするための情報をメールマガジンで配信しています。
自宅でできる愛犬のマッサージやアロマテラピー、食事について知りたい方はご購読ください。無料デス*

■無料購読ご登録はこちらから⇒クリックして購読する!

■サンプル誌はこちらからお読みいただけます⇒サンプル誌を読んでみる!

Home > ぐり通信バックナンバー | 手づくり食体験談 > 犬の行動に問題がある=手作り食にしている子が多い????【ぐり通信】

Search
Feeds
Meta

Return to page top